ほぼ週刊…Photolog

tk396man.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Camera( 17 )


2012年 01月 20日

EF 50mm F1.2L USM

そ~いえば、1週間ほど前に単焦点レンズを買いました。

5年越しでやっと50mmの標準レンズです。

c0077794_231476.jpg

にほんブログ村 写真ブログランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
励みになりますので、ポチッと応援よろしくお願いします。

F1.4なら、選択肢が
Canon EF 50mm F1.4 USM
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE
SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSMと、あるのですが、一番じゃじゃ馬を選んでしまいました。

F1.2という、大口径レンズなので、見た目がでかいです。
重さは70-200F2.8をお散歩レンズとして使うこともあるので、それに比べると全然重くないです。

c0077794_2314515.jpg


距離目盛と被写界深度目盛も見えます。

c0077794_2314322.jpg


流石F1.2。ピントがウスウス。絞れば後ピン。
噂どおりです。
噂によると、絞り値で後ピン具合も変わるので、マイクロアジャストもあまり効果なしだそうです。

う〜んかなりのじゃじゃ馬。
[PR]

by tk396man | 2012-01-20 02:30 | Camera
2012年 01月 20日

修理

年末にマルチストロボで撮影してる時に、EF 24-105mm F4L IS USMが故障しました。

最初スピードライトが故障したのかと思ったら、レンズでした。

絞り開放なら、撮影できるのですが、絞ったらErrorを返してきました。

5D側でプレビューボタンを押しても絞りが作動しません。

レンズ側の端子を清掃しても改善出来ませんでした。

年末年始は修理品とか多そうなので、年が明けて広島のSCに予約を入れて持ち込みました。

c0077794_12412049.jpg

にほんブログ村 写真ブログランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
励みになりますので、ポチッと応援よろしくお願いします。

2日で修理が完了。思いの外、修理上がりが早かったです。

料金も作業料金込みで、¥13,000−くらいで済みました。

購入して5年と10ヶ月位経ちますが、3年前にレンズユニット交換という、不思議な修理をしてました。稼働率が多いレンズなので、大事に使おうと思います。
[PR]

by tk396man | 2012-01-20 01:35 | Camera
2011年 06月 17日

Nikon D700

EOS 5D Mark II
EF16-35mmF2.8L USM
ISO 400 35mm 0ev f/3.5 1/30

c0077794_2382084.jpg


にほんブログ村 写真ブログランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
励みになりますので、ポチッと応援よろしくお願いします。

EOS 5D Mark II
EF100mmF2.8LMacro IS USM
Speedlite 580EX II
ISO 800 100mm -0.67ev f/3.2 1/4

c0077794_238162.jpg

EOS 5D Mark II
EF100mmF2.8LMacro IS USM
Speedlite 580EX II
ISO 800 100mm 0.67ev f/3.2 2/5

c0077794_2381435.jpg

EOS 5D Mark II
EF100mmF2.8LMacro IS USM
Speedlite 580EX II
ISO 800 100mm -0.67ev f/3.2 1"

c0077794_2381135.jpg

[PR]

by tk396man | 2011-06-17 23:36 | Camera
2011年 05月 01日

Olympus PEN Lite E-PL1

デオデオ本店にてGW期間セールで、Olympus PEN Lite E-PL1レンズキットが¥29,800-だったので、購入しました。小銭貯金でw

EOS 5D Mark II
EF100mmF2.8LMacro IS USM
ISO 3200 100mm 0.67ev f/5.6 1/80

c0077794_1115435.jpg


にほんブログ村 写真ブログランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
良い!と思われましたら、ポチッと応援よろしくお願いします

EOS 5D Mark II
EF100mmF2.8LMacro IS USM
ISO 3200 100mm 1ev f/8 1/25

c0077794_1115119.jpg


EOS 5D Mark II
EF100mmF2.8LMacro IS USM
ISO 3200 100mm 0.67ev f/5.6 1/8

c0077794_1115784.jpg


EOS 5D Mark II
EF100mmF2.8LMacro IS USM
ISO 3200 100mm 1ev f/8 1/30

c0077794_111483.jpg

[PR]

by tk396man | 2011-05-01 01:09 | Camera
2011年 01月 13日

EF 100mm F2.8L Macro IS USM マクロレンズ

EOS Kiss X4
Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM
ISO 640 30mm -0.33ev f/2 1/50

c0077794_1483631.jpg

にほんブログ村 写真ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
良い!と思われましたら、ポチッと応援よろしくお願いします

EOS Kiss X4
Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM
ISO 3200 30mm -0.33ev f/8 1/15

c0077794_1483383.jpg



キャッシュバックと嫁さんに後押しされて、買ったしまいました。
EF 100mm F2.8L マクロ IS USMです。

カメラのサエダで、年始セールをやってました、特別価格でした。
プラスCanonがキャッシュバックをやっていますので、¥5,000−還ってきます。
[PR]

by tk396man | 2011-01-13 02:48 | Camera
2010年 09月 28日

EOS Kiss X4

嫁さん用に買いました。

EOS 5D Mark II
EF16-35mmF2.8L USM
ISO 3200 35mm 0.67ev f/5.6 1/30

c0077794_1348332.jpg

にほんブログ村 写真ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
良い!と思われましたら、ポチッと応援よろしくお願いします

ダブルズームキットです。

EOS 5D Mark II
EF16-35mmF2.8L USM
ISO 1250 30mm 0ev f/5.6 1/25

c0077794_13483099.jpg


EOS Kiss X4本体
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS

EOS 5D Mark II
EF16-35mmF2.8L USM
ISO 400 35mm 0ev f/5.6 1/30

c0077794_13482694.jpg


同時購入
プロテクトフィルター58mm×2枚組セット
液晶保護フィルター
バッテリーパック LP-E8

プレゼント商品
スマイルフォトバック
DVD&BOOK
Canon イメージゲートウェイWeb会員


EOS 5D Mark II
EF16-35mmF2.8L USM
ISO 1600 35mm 0.67ev f/5.6 1/40

c0077794_13482283.jpg


Deodeo購入特典
フォトブッククーポン
カメラキャリングバック
入門Book

と、かなり大量に頂きました。

有りとあらゆる手を使い、全部で¥80,000-を切る価格で購入しました。

おまけで頂いたバックは、Mapleちゃんの物となりました。
ミッ○ーのシルエットだらけです。

嫁さんが使っていたKiss Digital Xも、Mapleちゃんの物と相成りました。
3才を迎える前に、1眼レフ所有者です。

EOS 5D Mark II
EF16-35mmF2.8L USM
ISO 2000 35mm 0.67ev f/5.6 1/40

c0077794_13482018.jpg



EOS 5D Mark II
EF16-35mmF2.8L USM
ISO 2500 35mm -0.67ev f/5.6 1/30

c0077794_13475824.jpg

[PR]

by tk396man | 2010-09-28 23:15 | Camera
2010年 08月 26日

Canon EOS60D 新レンズ群登場

 キヤノンは、バリアングル液晶モニター搭載のデジタル一眼レフカメラ「EOS 60D」を9月下旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格はボディのみで13万円前後の見込み。
c0077794_1843935.jpg

c0077794_1843548.jpg

 2種類のレンズキットも用意する。いずれもオープンプライス。「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS」を同梱するレンズキットが14万円前後、「EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS」を同梱するレンズキットが17万円前後の見込み。ダブルズームキットはラインナップしない。
 2008年9月に発売した「EOS 50D」の後継機。EOSシリーズとして初めてバリアングル式の液晶モニターを搭載した。液晶モニターは104万ドットの3型ワイド。最大1,920×1,080ピクセルのフルHD動画記録に対応し、撮像素子には有効1,800万画素のCMOSセンサーを採用するなど、2月発売のエントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X4」との共通点が見られる一方、光学ファインダーの視野率をEOS 50Dの約95%から約96%に向上するなどのスペックアップも図っている。

バリアングル式液晶モニターを搭載
 本体上面の操作ボタンは、1ボタン1ファンクションに変更。上面操作ボタンでの設定可能項目が減少した代わりに、EOS Kiss X4にも装備していた「クイック設定ボタン」を本体背面に新設した。
 背面のボタンレイアウトを一新した。マルチコントローラーとサブ電子ダイヤルは、両者を同軸上に配置した「マルチサブ電子ダイヤル」として再構成。指の動きを少なくすることで操作感を向上したほか、バッテリーグリップを装着して縦に構えた場合に、マルチコントローラーに指が届きにくくなるケースの解消を図るもの。モードダイヤルにはダイヤルロックを備えた。

側面にはスピーカーやHDMI端子を有するメモリーカードスロット。SDXCに対応する
 機能面では、カメラ内RAW現像機能をキヤノン製デジタル一眼レフカメラとして初めて搭載する。設定可能な項目は、明るさ調整、ホワイトバランス、ピクチャースタイル、オートライティングオプティマイザ、高感度撮影時のノイズ低減、JPEG記録画質、色空間、周辺光量補正、歪曲補正、色収差補正。このほか、画像のリサイズも行なえるようになった。

 撮影者のイメージに合わせたカメラ設定を行なう「表現セレクト機能」も新機能。カメラの標準設定で撮影した画像がイメージと異なっているが、カメラをどう設定するべきかわからない場合に利用できるアシスト機能という位置付け。

 得られる画像の方針を指定する「雰囲気を選んで撮影する」と、シーンに合わせてホワイトバランスを設定できる「明かりや状況に合わせて撮影する」の2項目からなり、いずれもライブビュー撮影時に効果を確認しながら撮影できる。

 「雰囲気を選んで撮影する」は、コントラストや露出補正といった撮影設定パラメータのプリセットに相当する。選べる“雰囲気”は、「標準設定」、「くっきり鮮やかに」、「ふんわりやわらかく」、「暖かくやさしく」、「しっとりと深みのある」、「ほの暗くひっそりと」、「明るく」、「暗く」、「モノクローム」の9種類。それぞれ「弱め」、「標準」、「強め」の3段階で適用強度を設定可能。

 「明かりや状況に合わせて撮影する」では、「標準設定」、「日なた」、「日かげ」、「くもり」、「電球」、「蛍光灯」、「夕焼け」の7種類から選択できる。

 なお表現セレクト機能は、クリエイティブ全自動(CA)と応用撮影ゾーン(ポートレート、風景、クローズアップ、スポーツ、夜景ポートレート)の撮影モードでは使用できない。

 このほか、ワイヤレス制御対応のストロボを制御できるトランスミッターを内蔵。カメラ単体でクリップオンストロボなどによる多灯撮影を制御可能になった。また、液晶モニター、ファインダー内、上面表示パネルに電子水準器を表示可能になった。左右±9度までの傾きを表示できる。

 さらに、ライブビュー撮影時専用の機能として、「マルチアスペクト」を新搭載した。選択できるアスペクト比は、標準設定の3:2に4:3、16:9、1:1を加えた4種類。ライブビュー画面には、選択したアスペクト比のトリミング線を表示する。

 カメラ内エフェクト機能としては、「アートフィルター」を新搭載。撮影画像に対して「ソフトフォーカス」、「ラフモノクロ」、「トイカメラ風」、「ジオラマ風」のエフェクトを施せる。撮影後にアートフィルターを変更することも可能(M-RAW、S-RAWを除く)。

 撮像素子のセンサーサイズはAPS-C相当(22.3×14.9mm)。最大記録解像度は5,184×3,456ピクセル。感度はISO100~6400、拡張設定でISO12800までの増感が可能。センサークリーニング機能も備える。映像エンジンは「DIGIC4」。記録解像度には、従来のL(5,184×3,456ピクセル)、M(3,456×2,304ピクセル)、S(2,592×1,728ピクセル)に加え、新たにS2(1,920×1,280ピクセル)、S3(720×480ピクセル)を追加。S2とS3の用途として、Web用画像を想定するとしている。

 動画機能「EOSムービー」には新機能として「ウィンドカット」機能を搭載。風の影響を受ける屋外で撮影する際に、風の「ボコボコ」という音の影響を低減できるとしている。そのほかの仕様はEOS Kiss X4とほぼ同等。記録解像度とフレームレートは1,920×1,080ピクセル(30p/25p/24p)、1,280×720ピクセル(60p/50p)、640×480ピクセル(60p/50p)。記録形式はMOV(H.264)。音声は内蔵のモノラルマイクおよび外部ステレオマイク端子から録音可能。録音レベルは調整可能。

 HDMIミニ出力端子を備える。センサー中央部の640×480ピクセルのみを記録し、約7倍の望遠効果を得ることができる「動画クロップ」も引き続き利用できる。

 光学ファインダーは視野率約96%、倍率約0.95倍、アイポイント約19mmのペンタプリズム式。中央F2.8対応の全点クロス9点AFセンサーを備える。フォーカシングスクリーンは交換式。シャッター速度は1/8,000~30秒。

 内蔵ストロボのガイドナンバーは約13(ISO100・m)。連続撮影コマ数は約5.3コマ/秒。EOS 50Dは約6.3コマ/秒だった。
 記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカードに対応。無線LANメモリーカード「Eye-Fi」にも対応する。
 電源はリチウムイオン充電池「LP-E6」。2009年10月発売の「EOS 7D」と共用できる。CIPA準拠の撮影枚数はファインダー使用時で約1,100枚、ライブビュー使用時で約320枚。本体サイズは144.5×105.8×78.6mm。重量は約675g(本体のみ)、約755g(撮影時)。
 オプションとして、バッテリーグリップ「BG-E9」を用意する。EOS 50Dなどで使用できた「BG-E2N」よりも幅を薄くして、ホールディング性の向上を図ったとしている。


 キヤノンは、大口径超望遠レンズ「EF 400mm F2.8 L IS II USM」を12月に発売する。価格は131万2,500円。
c0077794_18425021.jpg

c0077794_18424211.jpg

EF 400mm F2.8 L IS II USM
 1999年9月に発売した「EF 400mm F2.8 L IS USM」の後継モデル。従来モデルに採用していた蛍石を1枚から2枚に増やし、光学性能の向上を図った。また、手ブレ補正機構「IS」(Image Stabilizer)を刷新し、手ブレ補正効果を約2段分から約4段分に強化。シャッター半押し時には手ブレ補正を行なわない「ISモード3」を新たに設定可能になった。
 最前面と最後面にはゴミの付着を軽減・防止するフッ素コーティングを施す。また、新たに反射防止コーティングSWC(Subwavelength Structure Coating)を採用することでゴーストの発生を軽減した。フォーカス駆動はリングUSM(超音波モーター)。
 レンズ構成は蛍石2枚を含む12群16枚。最短撮影距離は2.7m。最大撮影倍率は0.17倍。絞り羽根は9枚。フィルターは差し込み式の52mm。
 サイズは163×343mm(最大径×全長)。重量は3,850g。従来モデル(5,370g)と比べて1,520g軽量化した。フード「ET-155(W II)」、ケース「400C」、キャップ「E-180D」などが付属する。

 キヤノンは、大口径超望遠レンズ「EF 300mm F2.8 L IS II USM」を12月に発売する。価格は78万7,500円。
c0077794_18423453.jpg

c0077794_18423191.jpg

EF 300mm F2.8 L IS II USM
 同社が1999年に発売した「EF 300mm F2.8 L IS USM」の後継モデル。35mmフルサイズのイメージサークルをカバーする。

 新たに「SWC」(Subwavelength Structure Coating)コーティングを施してゴーストの軽減を図ったほか、蛍石レンズを前モデルの1枚から2枚に増やし光学性能を高めたとする。AF精度のほか、耐久性や堅牢性も向上させたという。「2012年ロンドンオリンピックにおけるプロ市場ナンバーワンに向けて、快適に仕事ができるプロの道具としての満足度を高める」(キヤノン)。

レンズ構成図。紫色は蛍石レンズ
 また、最前面と最後面には汚れを簡単に拭き取れるというフッ素コーティングを採用した。ゴミの付着も軽減できるとしている。

 シャッター速度換算約4段分の手ブレ補正機構「IS」も搭載する。シャッター半押し状態では手ブレを補正しない「ISモード3」も新搭載した。フォーカス駆動はリングUSM。

 レンズ構成は12群16枚。絞り羽根は9枚。最短撮影距離は2m。最大撮影倍率は0.18倍。フィルターは差し込み式の52mm。

 サイズは128×248mm(最大径×全長)。重量は2,350g。前モデルから200g軽量化した。フード「ET-120(WII)」、ケース「300B」、キャップ「E-145C」などが付属する。


 キヤノンは、魚眼ズームレンズ「EF 8-15mm F4 L Fisheye USM」を2011年1月に発売する。価格は15万7,500円。
c0077794_18415213.jpg

c0077794_18414757.jpg

EF 8-15mm F4 L Fisheye USM
 全周から対角180度までを撮影できる魚眼ズームレンズ。35mm判のイメージサークルをカバーする。現行モデル「EF 15mm F2.8 Fisheye」の後継製品。APS-HまたはAPS-Cサイズの撮像素子を搭載するカメラでは、対角線180度のフィッシュアイ撮影が可能。APS-Cセンサー搭載のカメラでは、10mm付近で対角線魚眼となる。3サイズの撮像素子で本格的な魚眼効果を実現したのは世界初としている。

 リングUSMを搭載し、フルタイムマニュアルフォーカスを利用可能。ズーム領域を限定するズームリミッターも搭載する。レンズ最前面と最後面には、ゴミ付着を軽減するフッ素コーティングを施した。

 レンズ構成は11群14枚。2枚のUDレンズで色収差を低減した。絞り羽根は7枚。最短撮影距離は0.15m。最大撮影倍率は0.39倍(望遠端)。フィルターは挟み込み式。

 サイズは78.5×83mm(最大径×全長)、重量は540g。レンズフード「EW-77」、レンズケース「LP1219」が付属する。

 キヤノンは、「EF 70-300mm F4-5.6 L IS USM」を11月下旬に発売する。価格16万5,900円。
c0077794_18413924.jpg

c0077794_18413016.jpg

EF 70-300mm F4-5.6 L IS USM
 70-300mmの望遠域をカバーするズームレンズ。一連の高級レンズと同じく「ラグジュアリー」を表す「L」を型名に含む。35mm判のイメージサークルをカバー。なお、旧来の「EF 70-300mm F4-5.6 IS USM」(2005年10月発売)は並売する。

 2枚のUDレンズを採用し、色収差を低減。レンズ最前面と最後面にフッ素コーティングを施すことで、ゴミ付着の軽減も図った。リングUSMを搭載し、フルタイムマニュアルに対応する。手ブレ補正機構「IS」の補正効果はシャッタースピード換算で約4段分。

 レンズ構成は14群19枚。絞り羽根は8枚の円形。最短撮影距離は1.2m。最大撮影倍率は0.21倍(望遠端)。フィルター径は67mm。防塵防滴構造を搭載した。なお、エクステンダーの使用は不可。

 サイズは89×143mm(最大径×全長)、重量は1,050g。

 レンズフード「ET-73B」、レンズケース「LP1424」が付属する。別売のリング三脚座にも対応。

 キヤノンは、「EXTENDER EF 1.4X III」と「EXTENDER EF 2X III」を12月に発売する。価格はいずれも5万7,750円。
c0077794_184124.jpg

c0077794_1841520.jpg

EXTENDER EF 1.4X IIIEXTENDER EF 2X III
 現行モデルの「EXTENDER EF 1.4X」および「EXTENDER EF 2X II」の後継製品。色収差の発生を抑え、高解像、高コントラストな画質を実現したとしている。

 レンズ表面にフッ素コーティングを採用。ゴミ付着を軽減したほか、結露跡や油汚れなどを溶剤を使わずシルボン紙などで拭き取れるとしている。

 1.4X IIIのレンズ構成は3群7枚、サイズは72×27.2mm(最大径×全長)、重量は225g。有効F値の低下は1絞り分。

 2X IIIのレンズ構成は5群9枚、サイズは72×52.7mm(最大径×全長)、重量は325g。有効F値の低下は2絞り分。

 いずれもレンズケース「LP811」が付属する。
[PR]

by tk396man | 2010-08-26 18:49 | Camera
2010年 04月 19日

EOS 5D Mark II 始動

2005年初号機が世に放たれて、2008年弐号機に進化をし、ついに愛機となる事になりました。
EOS 30D
SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
Speedlite 580EX II
ISO 100 90mm 0ev f/32 4"

c0077794_1283131.jpg

にほんブログ村 写真ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
良い!と思われましたら、ポチッと応援よろしくお願いします

EOS 30D
SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
Speedlite 580EX II
ISO 100 90mm -1ev f/4 3/10

c0077794_129492.jpg


EOS 30D
SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
Speedlite 580EX II
ISO 100 90mm -1ev f/14 2"

c0077794_1293234.jpg


EOS 30D
SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
Speedlite 580EX II
ISO 100 90mm 0ev f/20 1.6"

c0077794_1295385.jpg


某掲示板のレビューに載せましたコメントです。

【デザイン】

無駄なラインが省かれた、すっきりとしたデザインは好ましいです。

【画質】

私の私見ですが、30DはISO800より高感度ノイズが顕著でしたが、5D Mark IIは、ISO3200ぐらいまでは、観るに耐えれるレベルです。

【操作性】

EOSシリーズ中級機からの買い増しは、特に迷う事はないです。ピクチャースタイル専用ボタンの搭載は○

【バッテリー】

ライブビュー、動画撮影で、液晶モニターを常時点灯させていると、減りが早いかな?って言う程度です。
そこまで気になりません。

【携帯性】

30Dは、バッテリーグリップを装着していたので、非常にかさばり、重たかったですが、5D Mark II & EF 24-105mmF4L IS USMをバッテリーグリップ無しで装着しています。
肩に引っ掛けて歩く分には、問題はないですが、鞄に入れると重くなる不思議な現象です。

【機能性】

ライブビューが搭載されただけでも、嬉しいのに、HD録画、マイクロアジャスト、高輝度側・階調優先、オートライティングオプティマイザー等、使える機能が満載です。
AFは、アシスト6点が効いているのか、子供のスピードなら、AFが吸い付いてくれます。
シャッターボタンは思ったより切れが良いです。

【液晶】

3型92万画素は、色味も含めて綺麗です。
ピントチェックが出来るほど。

【ホールド感】

剛性感が大幅にアップしています。中指の所のくぼみがいい感じ、親指の引っかかり具合は、店頭で触った、EOS 7Dの方が心地よかったです。

【総評】

店頭で触ったDemo器のシャッター音が「バコン、バコン」と、音がしていたのに、おうちでシャッターを切ると、「シャコン、シャコン」と、高い周波数の成分が含まれています。こちらの方が小粋で気持ちいいです。
EF 16-35mmF2.8L II USMを購入して、APS-Cで使用か
所有しているEF 24-105mmF4L IS USMを、フルサイズで使用か、悩みましたが、5D Mark IIの購入にしました。
「24mmって、こんなに広いんだ」と、改めて感動しました。
5D Mark IIにしてよかったです。
[PR]

by tk396man | 2010-04-19 23:52 | Camera
2010年 02月 09日

EOS Kiss X4

 キヤノンは、フルHD動画記録に対応したエントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X4」を2月26日に発売する。価格はオープンプライス。
c0077794_3395435.jpg

 予想価格は
ボディのみが9万円前後の見込み。
「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS」を同梱するレンズキットは10万円前後、
「EF-S 55-250mm F4-5.6 IS」をセットにしたダブルズームキットが13万円前後
「EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS」をセットにしたレンズキットは13万円前後の見込み。

 画素数を従来の有効1,510万画素から約1,800万画素に引き上げたほか、液晶モニターをアスペクト比3:2の3型ワイド約104万ドットとした。フルHD動画撮影機能は30p/25p/24pに対応。新たに外部マイク端子を搭載した。

側面の端子カバー内に外部マイク端子を搭載記録メディアスロットはSDXCメモリーカードに対応

有効1,800万画素のCMOSセンサー
 撮像素子は有効約1,800万画素CMOSセンサーを搭載。センサークリーニングを引き続き利用できる。最大記録解像度は5,184×3,456ピクセル。感度はISO100~6400。拡張でISO12800も利用できる。EOS Kiss X3は常用ISO100~3200、拡張で6400と12800に対応していた。

 また、応用撮影ゾーンでISOオートを利用する際に感度の上限設定が可能になり、ISO400、ISO800、ISO1600、ISO3200、ISO6400から選択可能になった。映像エンジンは引き続きDIGIC4を搭載する。

 本体背面のカーソルキー左上に「クイック設定ボタン」を新設。液晶モニターを見ながら十字ボタンや電子ダイヤルで設定項目を操作できるようになった。

 測光システムは、同社のデジタル一眼レフカメラ「EOS 7D」(2009年10月発売)が採用する63分割デュアルレイヤー測光センサーを搭載。露出補正幅は±5段に拡大した。

フルHD動画撮影機能を強化

DIGIC4
 動画機能「EOSムービー」の仕様を強化した。マニュアル露出が可能になり、フルHD録画時のフレームレートも30p/25p/24p(X3は20fpsのみ)から選択可能になったほか、HD動画とSD動画は60pの記録に対応した。外部マイク端子も搭載する。

 記録解像度とフレームレートは1,920×1,080ピクセル(30p/25p/24p)、1,280×720ピクセル(60p/50p)、640×480ピクセル(60p/50p)。

 センサー中央部の640×480ピクセルのみを記録し、約7倍の望遠効果を得ることができる「動画クロップ」にも対応。フレームレートは通常の640×480ピクセルと同じく60pもしくは50p。

 記録形式はMOV(H.264)。ファイルサイズはフルHDおよびHDで約330MB/分、640×480ピクセルで約165MB/分。

 動画撮影中にシャッターボタンを押すことで静止画を撮影できる機能も引き続き搭載する。静止画撮影を行なった場合に動画撮影が一時中断する仕様に変わりはない。

 音声は内蔵のモノラルマイクおよび外部ステレオマイク端子(3.5mmステレオミニジャック)から収録する。記録形式はリニアPCM。

ライブビューボタンを新設

バッテリーグリップ「BG-E8」を装着したところ
 本体背面、ファインダー右下の位置にライブビュー起動/動画撮影ボタンを新設した。静止画のファインダー撮影時にはライブビューが起動し、動画撮影モード使用時は動画記録を開始する。

 ライブビュー撮影は簡単撮影ゾーンを含む全モードで利用可能になった。「ライブモード」、「顔優先ライブモード」、「クイックモード」を備える。

 また、顔検出機能を備えた 「オートライティングオプティマイザ」も引き続き搭載。高輝度側の白トビを軽減する「高輝度側・階調優先」も利用できる。周辺光量自動補正機能も引き続き搭載する。

 ファインダーはペンタミラー式。視野率約95%、倍率約0.87倍、アイポイント約19mmでEOS Kiss X3と同様。AFフレームは9点。最高シャッター速度は1/4,000秒。シンクロ速度は1/200秒。ガイドナンバー13(ISO100)のストロボを内蔵する。

 連続撮影速度は約3.7コマ/秒。連続撮影コマ数はJPEGのラージ/ファインで約34枚、RAWで約6枚、RAW+JPEGで約3枚。画素数の増加に伴い、連続撮影コマ数はEOS Kiss X3より減少した。

 液晶モニターは3型104万ドットの「ワイドクリアビュー液晶」。アスペクト比を従来の4:3からフル画素での撮影画像と同じ3:2に変更した。

 記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカードに対応。無線LANメモリーカード「Eye-Fi」への対応も強化した。転送中にオートパワーオフを行なわない従来の仕様に加え、転送中やエラーの状況を液晶モニターに表示する。

 バッテリーは大容量になった「LP-E8」に変更。CIPA準拠の撮影枚数はファインダー使用時で約440枚、ライブビュー撮影で約180枚。バッテリーの変更に伴い、バッテリーチャージャー「LC-E8」(5,000円)、ACアダプターキット「ACK-E8」(7,500円)、バッテリーグリップ「BG-E8」(1万6,000円)を新たに発売する。

 また、リモートコントローラーも新たに2秒レリーズと通常レリーズの切り替えが可能になった「RC-6」(2,500円)をラインナップした。なお、RC-6は4月中旬に発売する。

 本体サイズは128.8×75.3×97.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は本体のみ約475g、撮影時約530g。


 エントリーモデルとしては、充実した内容ではないでしょうか?
中級機EOS 50D後継機種は、無くなるような内容ですね。
[PR]

by tk396man | 2010-02-09 16:40 | Camera
2009年 10月 21日

EOS-1D Mark IV

c0077794_0581129.jpg


キヤノンは、プロフェッショナル向けデジタル一眼レフカメラの新モデル「EOS-1D Mark IV」を発表。12月下旬より発売する。
2007年5月に発売された「EOS-1D Mark III」の後継機種となる製品で、新開発した約1610万画素のAPS-HサイズCMOSセンサーと、高性能映像エンジン「DIGIC 4」を2個装備した「デュアル DIGIC 4」を搭載。常用設定できるISO感度を100~12800まで拡大したほか、拡張設定でISO50~102400を用意し、幅広い撮影領域に対応している。
また、被写体の縦線と横線が検出できるF2.8対応のクロス測距センサーを39点に配置した、総測距点数45点の新開発AFセンサーを搭載し、被写体の捕捉率とピント合わせの精度を大幅に向上。新アルゴリズム「AIサーボAF II」の採用により、AFの動体に対する安定性と応答性の両立を実現している。
さらに、最高毎秒約10コマの高速連写に対応。JPEG・ラージ設定、UDMAモード6対応CFカード使用時には、約121枚の連続撮影が可能だ。
機能面では、フルHD動画を撮影できる「EOSムービー」を、プロフェッショナル向け製品に初めて搭載。ISO感度をカメラが自動的に設定する「ISOオート機能」、被写体の明るさとコントラストを解析し、暗い部分を自動的に明るく好ましいコントラストに補正する「オートライティングオプティマイザ」機能などの新機能も追加された。
このほか、防塵・防滴処理を施したマグネシウム合金ボディ、作動耐久30万回を達成したシャッターユニットなどの堅牢設計を引き続き採用。本体背面には、解像度を約23万画素から約92万画素に強化した3.0型液晶モニターを備える。


APS-H1610万画素 CMOSセンサー
ISO100-12800、拡張で102400
デュアルDIGIC4
AFは45点、F2.8対応クロスセンサーが39点に増加
連写は10コマ/秒
ライブビューはコントラストAF対応
動画は最大1920×1080P 30fps 25fps 24fps
液晶モニタは3型92万ドット
シャッターの耐久性は30万回
大きさ:156×79.9×156.6mm
重さ:1180g
12月下旬発売
価格はオープンプライス(店頭予想価格57万円前後)
[PR]

by tk396man | 2009-10-21 00:59 | Camera